FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'14 Deavolo MC 県央の森ツーリング&キャンプ!

7/12(土)~13(日)、7月の広島支部イベントを実施しました!

目的は県央の森でのキャンプ!

1.jpg
3.jpg
2.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg
DSC02369.jpg
DSC02370.jpg
DSC02371.jpg
DSC02372.jpg
DSC02373.jpg
DSC02374.jpg
KIMG0600.jpg
KIMG0601.jpg
KIMG0602.jpg
KIMG0604.jpg
KIMG0603.jpg

二日目の朝はかなり降ったけど楽しみましたよ!

~こん~
スポンサーサイト

無題

DSC_0261.jpg
DSC_0600.jpg



7月7日午前10時10分

我等Deavolo MCの相談役であり、『長老』こと、田中誠次氏が天国へと旅立ちました

肺を患いながら10年の闘病生活を送っていたとのことでしたが、『長老』とはいえ、65歳というあまりにも早過ぎる旅立ちでした

映画「Easy Rider」をリアルタイムに観て、初回から阿蘇チョッパーミティーングにも幾度となく走り、乗り継ぐHarley-Davidsonは旧車
ばかりで、最後に乗ったショベルは自身のガレージでサイドカーにもトライクにもしてしまう・・・

我々メンバーにとってはまさにH-D乗りの生き字引のような人でした

出会った頃から「この人はほんまH-Dに関してはへんくう(頑固)親父じゃのー」なんて思ってて、

絶対にMCに入るタイプの人間ではないなんて思ってたんですが、

気付けば共に走り、我々メンバーに様々なアドバイスをくれていました

メンバーとして参加してくれた始め頃は、もちろん親しみを込めてですが、酔ったメンバーが「じーさんっ!」なんて冗談で呼んで、傍からすりゃ一瞬凍りつきそうなこととかもありましたが、

そんな時でも優しい笑顔で応え、挙げ句には自らを『長老』と呼び、その名の通り、時には親父、時には兄貴のような存在となって、我々を穏やかに導いてくれる存在となっていました

後に聞いた話ですが、若い頃に一度MCを立ち上げたものの、想うことがあってその看板を下ろし、その後はずっとインディペンデントとして走っていた男が、

再び背負うことにしたカラーズが我々と同じカラーズで、そのままメンバーとして旅立っていってくれたことは、我々にとっても名誉であり、誇りでもあります

田中さん、

本当にありがとうございました

どうか安らかにお眠り下さい

バイカー流に言うならば、

R.I.P...田中誠次かな?


でもね、田中のじーさん、

そりゃあ、少しゆっくりしてもらいたい気持ちもあるけど、

爆音轟かせて走る俺達を空からいつでも見守ってて欲しいんですよ


だから、迷惑な話かもしんないけど、

これからもよろしくお願いします


俺達は貴方のことを決して忘れません

リンク
このブログをリンクに追加する
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。